スタートトゥデイという企業

ゾゾタウンは、株式会社スタートトゥデイという企業が運営しているファッションセンス抜群の魅力に溢れたオンラインショッピングサイトですが、短期間で、急激に知名度が上がり、売上も急上昇したのには、その中で働く人々のパワーも大きく影響していると思われます。

ごく一般的な企業におきましては、同僚というのは、ある意味一緒に働く仲間でありながらもライバル同士であるという関係性になっていると思います。

ところが、スタートトゥデイでは、社員はみんな成果を競い合うライバル同士などではなく、友達であり仲間なのだそうです。

給料体系も、現在ではとても珍しくなった年功序列型になっていて、ボーナスにおいては、全社員が同じ金額ということになっているのだそうです。

ちょっと驚くべき体勢ですね。

社長が目指しているのも、企業と顧客が友達関係になることですから、社員がライバルでなく友達であるというのも頷ける話です。

前澤社長は、自分自身が楽しんで働きたいと言っています。

楽しんで・・・という言葉の中には、人を蹴落として勝つよりも、人の役に立ってお互いが幸せな気持ちになるほうが重要だということを含んでいます。

実際、そのような体制でこれまでやってきて、これほどの成果をあげているわけですから、これからの企業の形はだんだんとこのような方向に行くべきであるのかもしれません。

実際、成果主義でないまま10数年やってきて、逆に成果があがっているのです。

このやり方でいけるということを証明したようなものでしょう。

あのゾゾタウンを運営しているスタートトゥデイは、このような大変、魅力的な企業なのです。

タグ

ゾゾタウンの今後

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けるゾゾタウンですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

その辺も、気になりますね。

どんなに勢いのあるブランドやショップであっても、常に変化のないままであっては、消費者に飽きられてしまう時代です。

良い部分はそのまま伸ばしつつ、もっと改善できるところは改善して、どんどん進化させてゆかなくてはならないでしょう。

ゾゾタウンの成功によって、似たようなオンラインショッピングサイトも次々に登場するかもしれません。

それはそれで、切磋琢磨しながら向上してゆけるので、そう悪いことでもありません。

ですが、生き残りをかけてゆくには、本当にさまざまなアイディアが必要となってくるでしょうね。

その点、安売りもせずにここまで業績をのばしてきたゾゾタウンの社員たちのアイディアは、賞賛すべきものですし、これほどのアイディアを持つ人材が健在であれば、今後のゾゾタウンもそう心配はいらないのではないでしょうか。

現在のゾゾタウンは、サイト自体がすでに「ゾゾタウン」というブランドになっている感があります。

ゾゾタウンの社長でもある前澤氏は、企業と顧客との関係をあくまでも「対等」であると言い、顧客は友達であり、仲間であり、パートナーであると言いきっています。

さらに、大事なのは「商売」ではなく、「思い」を伝えて共有することだとも言っています。

何を共有するのでしょうか・・・。

それは「世界の平和」、そして「愛を大切にしたいという思い」だそうです。

たまたま、今、ファッションを扱っているだけのことで、本来の目的はそこにあるといいますから、今後が本当に楽しみな企業だと思いませんか。

タグ

ゾゾタウンの株

株をやっていらっしゃるかたは、ゾゾタウンの運営会社である、スタートトゥデイの株に興味を示したことがあるのではないでしょうか。

いえ、そもそもゾゾタウン自体を知らないことには、スタートトゥデイを知ることもないでしょうが、ゾゾタウンの急成長ぶりをご存じのかたでしたら、スタートトゥデイの株を購入してみたいと思うでしょうね。

株というのは、当然のことですが、成長している企業のものを購入することで株主も利益が得られます。

しかしながら、成長しているように見えても実はそうでもなかったり、実際に成長していても、そう長くは続かずにまた衰退してゆく会社も多いです。

ですから、株を購入するときには、充分に注意を払い、過去と現在と未来を考え、気をつけなくてはなりません。

勢いのあるときに購入して、株が値上がりしたら売る・・・というのが、ごく普通の株の取引ですから、ゾゾタウンのように、勢いよく伸びている企業の株を購入すれば、それが急激に値下がりするということもなく、しばらくは安定していたり、さらに伸びて行ったりするでしょう。

もちろん、日々の株価は、上がったり下がったりを繰り返しますし、つねに上昇しているという株は無いものと思っても良いくらいですが、勢いのある企業というのは、上がり下がりを繰り返しつつ上昇していくものです。

スタートトゥデイのサイトでも、自社株の株価情報を載せていますから(Yahooファイナンスへの誘導として)、そちらで確認してみると良いでしょう。

株に興味を持っていてゾゾタウンがお好きなかたであれば、スタートトゥデイの株をいくつか購入してみるのも良いかもしれません。

タグ

ゾゾタウンのテレビCM

ゾゾタウンのテレビCMをご覧になったことがございますか。

たぶん、多くのかたにとってもっとも印象深かったテレビCMが、高田純次さんが出ていたCMだと思います。

ゾゾタウンの存在そのものをまだご存じなかったかたは、いったい何のCMであるのか、わからなかったかもしれませんね。

しかしながら、強く印象に残るCMではありました。

たとえば、ゾゾタウンを運営している企業の朝礼に、高田純次さんがバズーカ砲を持って突入するというもの。

これはインパクトがありましたので、記憶に残っていらっしゃるかたも多いと思います。

他にも、MAX70%オフ・・・というような内容のCMなどがありました。

高田純次さんが出ているCMが4種類程度あったと思いますが、どれも面白いもので、ゾゾタウンをご存じないかたでも何のCMであるのか気になったのではないでしょうか。

そうして、「ゾゾタウン」という名称と「ZOZOTOWN」という文字が、しっかりと記憶に残ったと思います。

その後、ゾゾタウンのCMはベッキーさんに変わりました。

ちょうど年が明けたころのCMです。

こちらは、ウインターセールのCMで、やはりMAX70%オフという文字が印象に残ったCMです。

その後、人気のアニメ、ワンピースがゾゾタウンに上陸・・・というCMも放映しました。

ワンピースのアイテムがゾゾタウンの各ブランドから販売され、ゾゾタウンでしか売っていないアイテムもあるということで、こちらも非常に注目を集めました。

見ていないというかたは、動画サイトなどでぜひ、ご覧になってみてください。

タグ

ゾゾタウンの福袋

お正月になると、多くのファッションブランドやショップでは、福袋を売りに出しますね。

それと同じように、オンラインショップでも福袋を用意するところがほとんどです。

まったく中身がわからないものから、だいたいこのようなものが入っているということを見せているショップもあります。

最近では、福袋と称して、いくつかのアイテムのなかからお客様がお好きなものを選ぶという方式になっているところも多いです。

ショップによってさまざまな福袋が売りに出されていますが、どこのショップでも人気であることには変わりません。

ゾゾタウンでもやはり福袋の売り出しがあります。

ただでさえ人気のゾゾタウンですから、この福袋の人気も大変なものがあります。

あまりにも人気があるため、ゾゾタウンの福袋は、「福袋予約会」と呼んでいるように先着順ではなく、抽選で販売することになっています。

もちろん、購入人数が、用意した福袋よりも少ない場合にはそのようなことはいたしませんが、毎年、購入者のほうが、福袋の数を大幅に上回りますから、抽選も仕方がありません。

そして、抽選のための予約も、あまりに人数が多い場合には、早々に締め切ってしまうこともあります。

ですから、ゾゾタウンの福袋が欲しいかたは、時期が近づいたならば、よくサイトをチェックしておくなり、メールマガジンに登録しておくなりすれば、情報を逃さないで済むと思います。

ブランドショップが福袋を販売するのは、大概の場合、年始の時期だけですから、絶対に手に入れたいものですね。

タグ

ゾゾタウンで販売されているもの

ゾゾタウンは、基本的にはファッション系のオンラインショップです。

しかも、ブランド品がズラリと並ぶ、高級なオンラインショップと言っても良いでしょう。

そのため、ゾゾタウンでよく売れている商品というのは、やはりファッションアイテムだということになります。

ですが、ゾゾタウンのショッピングサイトにアクセスしていただければお分かりのとおり、販売されているのは、ファッションアイテムだけではありません。

意外かもしれませんが、本やCDなどもたくさん販売されていますし、コスメも販売されています。

コスメは、フェイスケア製品から、メイクアップ、ボディケア、フレグランス、バスグッズ、サンケア等々、一通り揃っています。

インテリア雑貨なども販売されていますよ。

ちょっとした電化製品から、照明、時計、ベッドリネン、ダストボックス、食器、クッション、キャンドル、ベッドグッズ等々、こちらも一通りのものは揃っています。

ゾゾタウンに、このようなものが売っているとは思わなかったかたも多いでしょう。

ファッションアイテム同様に、とてもハイセンスなものばかりですので、一度そちらの商品もご覧になっていただきたいと思います。

このようなファッションアイテム以外のアイテムのなかで、この頃、特に良く売れているものと言いますと、iphoneカバーでしょう。

ゾゾタウンでは、大変デザイン性の高いiphoneカバーを多数、取り揃えています。

お洒落なカバーをお探しのかたは、ぜひゾゾタウンにアクセスしてみてくださいね。

タグ

ゾゾタウンのデメリット

ゾゾタウンがこれほどの人気を誇るようになり、もはやゾゾタウンを超えるファッション系のオンラインショップは無いのではないかとも言われるようになった現在、ゾゾタウンは、オンラインであることのデメリットを克服したのでしょうか。

ゾゾタウンに限らず、ファッション系のオンラインショップでは、大きなデメリットがひとつあります。

それは「試着が出来ない」ということです。

それでも、だいたいは表示サイズのものを購入すれば、身体に合わないということはまずないのですが、やはり、着てみたときの雰囲気と言いますか、似合う、似合わないというような感覚は、実際に着てみなければわからないという場合も多いですからね。

本当にファッションにこだわりのあるかたというのは、ご自身に一番似合う丈の長さですとか、身体へのフィット具合ですとか、すべてわかっていて、気に入った中からさらにそれに見合う商品を探し出します。

どうしてもショップにない場合には、一番近いものを購入して、わざわざお直しに出すというかたもいらっしゃるくらいですから・・・。

サイズが合えば大丈夫だろうと軽い気持ちのかたが多い中、本当にファッションにこだわるかたというのは、そういうものなのです。

それほど大切な試着が出来ないゾゾタウンですが、そのようなデメリット以上のものがあるから、これだけ知名度があがり、利用者も増えたということですね。

これはやはり、安価が売りのオンラインファッションショップに対して、セレクトショップで選んで購入しているようなカッコよさを感じられるからに他なりません。

今までにない、高級なファッション系通販・・・だから、試着が出来なくても、高価であっても、お客様が集まる・・・こういう仕組みになっているのですね。

タグ

ゾゾタウンの求人

今や上場企業となった株式会社スタートトゥデイ。

ゾゾタウンなどのオンラインショップを運営している企業ですが、このスタートトゥデイに就職したいと願う若者は多いでしょう。

ただでさえ、ファッション関係、アパレル関係はいつの時代であっても人気のある仕事です。

その中でも、今、勢いのあるゾゾタウンを運営している企業となりますと、新卒のかたからアルバイトに及ぶまで、たくさんの人々が働くことを希望しているに違いありません。

ゾゾタウン・・・というよりもゾゾタウンを運営しているスタートトゥデイですが、毎年、新卒の募集もしています。

高校卒業するかたや、専門学校、短大、大学を卒業予定のかたは、早めにサイトをチェックしておいたほうが良いでしょう。

初めて社会人になるかたは、やはり希望通りの会社に入社して活躍することを夢見ていますから、ゾゾタウンの運営などは、ファッションが好きなかたにとって、大変楽しく、また、やりがいもある仕事だと思います。

新卒以外にも、中途採用や、アルバイトの募集は随時、行っています。

中途採用では、正社員への道も開けていますから、ゾゾタウンが本当に好きで、運営に携わりたいと望むかたは、どんどん応募してみたら良いのではないでしょうか。

また、ゾゾタウンで取扱いをするファッションブランドの商品撮影のために、フィッティングモデルも募集しています。

ブランドのさまざまなアイテムを実際に着用していただいて、それを撮影するという仕事です。

モデルに憧れているかたには、とても良い仕事だと思います。

さまざまな求人がありますので、どうぞサイトをご覧になってみてください。

タグ

上場企業となったスタートトゥデイ

ゾゾタウンを運営しているスタートトゥデイは、現在、上場企業となっています。

前澤社長が、自宅の一室から始めた通信販売の事業が、今や上場企業ですから、本当に驚くべきことだと思います。

ゾゾタウンの成功の秘訣といいますと、すでに有名な話ではありますが、「値下げをしない」ことと「選んで売る」ということです。

また、ゾゾタウンの場合には、サイトの見せ方にも大いにこだわりを持っているのがわかりますね。

CGを駆使することによって、実際にお店に行くような感覚で、お買い物を楽しんでいただけるようにしているそうです。

そしてやはり、セール期間以外の値下げはいっさいなく、それでも売れている理由として、お洒落なセレクトショップでお買い物しているような気分になるからだろうということです。

また、ゾゾタウンでしか、ネット販売しないブランドなどもあり、そのようなブランドをゾゾタウンに出店させたという苦労もうかがえます。

そのような地道な努力と、若い感性や発想力が相まって業績を伸ばし、いよいよ上場企業にまで登りつめたのでしょう。

しかしながら、ゾゾタウンに出店させるブランドは、有名であればどのブランドでも良いというわけでもなく、ゾゾタウン側でしっかりと選んでいるのですね。

どのような基準で選んでいるのかと申しますと、ブランドイメージや、横並びを考えたうえで、運営者側が好きだと思うブランドを選んでいるのだそうです。

また、テレビでCMを流したことも、お客様を増やすのにずいぶんと役立ち、会員数が飛躍的に伸びたそうです。

ゾゾタウンの将来がますます楽しみになりますね。

タグ

ゾゾタウンの社長

ファッション界のオンラインショッピングの中でも、若者を中心に圧倒的な支持を得ているゾゾタウンですが、そのようなサイトを作り上げた社長というのは、一体どのようなかたなのでしょう。

興味が湧きませんか。

ゾゾタウンを運営している株式会社スタートトゥデイの社長は、前澤友作氏です。

会社自体もまだまだ若いですが、社長も1975年生まれの非常に若いかたです。

しかも、少し変わった経歴をお持ちのかたで、高校を卒業したあとでインディーズバンドを結成し、そのままメジャーデビューまで果たしたと言います。

そういったこともあり、音楽活動の傍ら、好きだった輸入CDの通信販売を自宅でスタートさせたのです。

それが、現在のゾゾタウンの原点となっているなど、ちょっと信じがたいですね。

しかしながら、この社長にはそこまでの経営戦略があったのでしょう。

見事に事業はどんどん大きくなってゆき、現在に至るというわけです。

2003年には、イラク戦争への反戦に賛同した40ブランドとともに、「ノー・ウォー・オン・イラク」チャリティーTシャツを制作し、その売上の596万209円を全額寄付したり、千葉マリンスタジアムを改修するための基金に1億円を個人で寄付するなどということもありました。

また、東日本大震災チャリティーTシャツプロジェクトを企画し、ゾゾタウンにてオリジナルTシャツを販売。

その売上の3億5397万円を全額寄付したりなどの活動もしています。

いかがでしょうか。

ゾゾタウンの社長がどのようなかたであるのか、ざっとではありますがわかりましたか。

タグ

このページの先頭へ